2012年6月

k-5



普段撮影する際、カメラはPENTAX K-5を使用しています。
男らしいフォルムですが、他のメーカーの中級カメラよりも小柄で持ち運びが便利です。

カメラって色んなものが出ていて、性能も勿論大事だけれど見た目も実は大事。
被写体が人や動物の場合は、カメラの見た目によって撮れる絵が変化します。
重厚感のあるプロっぽいカメラ、レンズだと、かしこまったしっかりした物が撮れますし、
小さいカメラ、小さいレンズではフランクで自然な表情を捉えることができたりと
被写体との距離感が変化するのです。

もちろん、自分自身が自分のカメラの見た目を気に入ってるのもとても大事。
気持ちよく持ち歩いて、シャッターを切りたい。

カテゴリー: blog | コメントをどうぞ