良いものづくり


「良いもの」の「良い」とはなんだろう。
例えばこのイラストを、良い絵だね。上手いねって褒めて頂いたのだけれど、
良さって何だろうとふと考えると沢山の種類の「良さ」が思い浮かびます。
たくさんの方々の作品を見てみるとそれぞれ色んな輝きがあります。

最先端なもの
誰でも出来る訳じゃない難しい技術を使っているもの
お洒落なもの
アーティスティックなもの
集客力があるもの
コストパフォーマンスの高いもの
エコなもの
キレイに見えるもの
おいしそうなもの

それぞれの価値観があるけれど、共通して「良い」ということは
そのシチュエーションに、課題にかっちりと当てはまり受け取る人にそのメッセージが
ちゃんと伝わることなのかなと考えさせられます。

Facebookでもおなじみの「いいね」。「良い」ってとっても曖昧な言葉だけど
やっぱりちゃんと答えを持っていないと「良いもの」は作れないのかもしれません。

カテゴリー: blog   パーマリンク

コメントは受け付けていません。